【ネタバレ注意】ハンターハンター・第355話の感想・考察記事

この記事はハンターハンター第355話のネタバレ&感想・考察記事です。

ネタバレ部分を多く含みますのでご注意ください。

前回の話でクロロのミスリードに気付き、サンアンドムーンの真の力に気付いたヒソカ。

クロロの狙いは一体・・・?

ヒソカはこれに対応することができるのか?

スポンサードリンク

第355話 爆破

「サンアンドムーン(番いの破壊者)、御覧の通り両手を使う能力だ」

「両手を空けないと発動しない能力を得た事で、調整を余儀なくされた」

「くくく・・・嘘はついていないな・・・」

(説明の流れでギャラリーフェイクと同様両手を空けないと発動できない能力=発動時は他の能力と併用できない能力・・・と思いこんだが)

(サンアンドムーンは別の能力に栞をはさみ右手でページを開いている状態・・・つまり左手のみでも発動可能・・・!!)

「もしもコピーが消滅したらギャラリーフェイクを解除したからと判断してもらっていい」

(これも「人形が残っているうちはギャラリーフェイクを解除していないと判断していい」とは言っていない・・・)

(ここまでの闘いは・・・ボクがクロロの説明をどう理解したかを確認する作業・・・)

ギャラリーフェイク発動

栞で固定(本を閉じる)

大量のコピー製造

オーダースタンプ発動

「ヒソカを壊せ」と命令

ではなく・・・

ギャラリーフェイク発動

栞で固定(本を閉じる)

大量のコピー製造

サンアンドムーン発動

コピーに太陽の刻印を押す

能力解除(両方可)

※コピーと刻印は死後強まる念によりプロテクトされ消滅しない

オーダースタンプ発動

「ヒソカを壊せ」と命令

(だった訳だ・・・!)

(間にサンアンドムーンの刻印が入った事でコピーの数は当初の予定より少なめ・・・)

(あと・・・20~30体くらいか・・・?)

(だがここで発見に手間取ると)

(新たなコピーが1~2秒に1体くらいのペースで増えていく・・・!!)

会場を見渡すヒソカ。

(思いの外客が逃げていないな・・・)

(介抱者かクロロかの見分けもつかない)

(被害が及ばなそうな連中は落ち着いたもんだね・・・)

お~~~っとヒソカ選手、闘技場中央で仁王立ち!!

姿をくらましたクロロ選手を探している~~~!!

(この状況だとクロロは好きなだけ下準備が出来る・・・)

(かといって奴も悠長に構えてはいられないはず・・・!)

(あと10分もすれば大量の救急隊員と警備員がやって来る・・・!)

(それまでに決着をつけないとせっかく待機させているコピーまでケガ人扱いされて運び出されてしまう恐れがあるから)

(おそらく今回の攻撃が本番だろうな・・・)

(今度はサンアンドムーンで最大威力の爆弾人形も作り)

(ボクの至近距離での爆破を試みるはず・・・!)

(どんなに数が多かろうが・・・コピーを近寄らせない様に戦う必要がある・・・か)

そして突然どよめき始める会場内。

0530hunt1

(コピーを暴れさせ観客を混乱させている・・・!!)

(騒動に乗じてまだ何か細工する気か・・・?)

ただ今救急隊と警備隊が向かっております!!

出来る限り所定の席で待機して下さい!!

突如何者かがアナウンス席にいる実況者からマイクを奪い取る。

「ヒソカを壊せ・・・!!」

え~~~~~大変失礼いたしました!!

実況中に偏向的な発言がありました事をお詫びいたします

(なるほど)

(騒動でボクの注意を引きアナウンスを場内用に切り替えさせ・・・)

(会場全体のコピーに一瞬で効率良く命令を与え)

(更に潜伏しやすくする・・・!!)

ザ ザ ザ ザ ザ!!

ド ド ド ド ド ド!!

観客のコピーが大量に乱入し、ヒソカに襲い掛かる。

!?

観客が!?乱入!?しかもォこれはァ・・・・!?

大量にィィイ!?

怒り・喜び、どちらの感情によるものかはわからないが、

不敵な笑みを浮かべるヒソカ。

右手の五本の指から飛ばしたバンジーガムを飛ばし、襲いくるコピーに取り付ける。

0530hunt2

そしてそのコピーを束のように固め、それをハンマーのようにして他のコピーを薙ぎ払う。

0530hunt3

な!!!何という暴動!!!

100!?いや200を超える観客がヒソカ選手に襲いかかるゥゥ!!!

それをォォ

ヒソカ選手が人間ハンマーで撃退!!!撃退!!!

げ撃退たぁァ~~~~~い!!!

束に固めたコピーの体が粉々になっていく。

(もう壊れたか・・・やはり全体をオーラで纏わないと脆い・・・)

右手に持っていたコピーで固めたハンマーが壊れたため、左手に以前から持っていたコピーの頭部を使い、襲いくるコピーの頭部を破壊していくヒソカ。

襲いくるコピーを捌きつつも、再度右手で念を飛ばし、コピーのハンマーを作って薙ぎ払う。

「スゲェ~~大暴れ」

「何であいつらヒソカに向かって行けんの?」

「クロロに操られてんだろ?」

「げっ腕とんだ!?」

会場で襲いくるコピー相手に暴れるヒソカを眺める観客。

「そうだそこでいい。しゃがめ」

そしてその後ろでブラックボイスを使い、何かに命令を出すクロロ。

(やはり人間ハンマーでいくら蹴散らしても・・・)

(頭を吹き飛ばさないと襲って来るのをやめない・・・!!)

左手に持っていたコピーの頭部を使い、数人の襲いくるコピーの頭部を壊し、手元に頭部を引き寄せるヒソカ。

「今だ」

0530hunt4

はじけ飛ぶヒソカの左手。

驚くヒソカ。

次週へと続く。

スポンサードリンク

感想・考察

何か隠しているとは思いましたが、やはりクロロは本当の意味を隠していましたね。

サンアンドムーンを片手でも使う事ができるとは・・・。

他にもミスリードがある可能性も十分ありえますね。

連載再開後、毎回毎回考えさせられるような頭脳戦が繰り広げられており、展開に追いつくのにやっとです(笑)

しかし今回爆発により致命的なダメージを負わされたヒソカですが、一体クロロはどのタイミングでサンアンドムーンを仕掛け、どうやって爆発させたのでしょうか?

たぶん皆さんもどうやって???って思ってしまったのではないでしょうか。

少し考えてみましょう。

まず、どのタイミングでサンアンドムーンを仕掛けたのかについてですが、

これは間違いなくクロロがアナウンスを利用して会場内に命令を出す前ですね。

あらかじめ仕込んでおいたものと思われます。

そしてどうやって爆発させたのかについてですが、

明らかに描写的には左手で使っていたコピーの頭部を引き寄せた瞬間に爆発していますよね。

なのでヒソカが左手で頭部をキャッチした瞬間にサンアンドムーンが発動して爆発を引き起こしたと考えるのが自然です。

そしてクロロがブラックボイスを使い、何かに命令している描写がありましたよね。

「そうだそこでいい。しゃがめ」

という台詞。

何かねずみなどの小さな生き物を操ってこっそり近づき爆発させたということも考えましたが、

この台詞でしゃがめと命令している以上、おそらく人間に命令しているものと思われます。

・ブラックボイス(携帯する他人の運命)

幻影旅団員・シャルナークの念能力。

オリジナルの携帯電話に付属しているアンテナを対象者に刺すことで、標的を操ることができる。解除方法はアンテナが抜けるか対象者が亡くなるか。

アンテナは自身にも刺すことができ、自身に刺すと自動操作モードとなって、一時的に凄まじいオーラ量・戦闘力となる。

ブラックボイスがどんな能力かというと、上記の通りです。

そもそも手のひらサイズぐらいのアンテナを刺さなければいけないので小さな生き物にアンテナを刺して操るというのは現実的に難しそう。

さらに、ブラックボイスには対象が亡くなると能力が解除されるという制限があります。

つまり生きている観客にアンテナを刺して操っていると考えるのが妥当でしょう。

ということは、オーダースタンプで命令を出しているコピー達の中にブラックボイスで操っていた観客が紛れ込んでいたと考えられるのではないでしょうか。

ブラックボイスで操っている観客を使い、サンアンドムーンを発動させたということでしょうね。

ではどうやってサンアンドムーンを発動させたか。

“サンアンドムーンの刻印は消えない”ということをクロロはヒソカに伝えましたよね?

そこで私は考えました。

ひょっとしたらこれはクロロのミスリードで、

サンアンドムーンの刻印は消えないけども、“移すことは可能”なんじゃないかと!

ヒソカはオーダースタンプを使って作り上げたコピーの兵士を壊すためには頭部を破壊する必要があると考えていますよね。

ということはヒソカが狙うのは当然コピーの頭部。

ブラックボイスで操っている観客の頭部にサンアンドムーンの刻印をつけておけば、ヒソカが左手に持っている頭部を使って、サンアンドムーンの刻印が頭についている観客を攻撃。

そうすればヒソカが左手に持っている頭部にサンアンドムーンの刻印がつき、引き寄せたときに爆発するというわけです。

あれでも確か刻印は二つ合わさらないと爆発しないはずでしたよね?

「”サンアンドムーン”(番いの破壊者)」

「御覧の通り両手を使う能力だ」

「左手でプラス(太陽)の刻印を押し右手でマイナス(月)の刻印を押す」

「互いの刻印が触れ合うと爆発する・・・今は審判の左手と背中に刻印を押した。刻印自体は一瞬で押せるが威力を最大にするためには対象者に3~5秒程触れ続ける必要がある」

「一瞬の刻印なら今程度の爆発で済むが、完全な爆弾なら傍らの人間も粉々に吹き飛ばす」

「流星街で手に入れた能力だ」

(第351話より抜粋)

クロロはサンアンドムーンを上記のように説明しています。

さらに突拍子もない話になりますが、もしかするとサンアンドムーンは刻印同士が触れ合った瞬間に爆発するだけでなく、能力者の意思によって爆発のタイミングを調整できるのではないでしょうか。

まとめると、

ブラックボイスで操っている観客の頭部にサンアンドムーンの二つの刻印をあらかじめつけておき、

ヒソカが左手に持っているコピーの頭部でその観客の頭部を破壊させ、サンアンドムーンの刻印を取り付け、

手元に引き寄せた瞬間にサンアンドムーンを発動し、爆発させる。

というような感じです。

これならつじつまが合わないことはないですね。

どこかのタイミングでヒソカの左手に刻印をつけておき、頭部を引き寄せたときにそっちについている刻印と合わさり爆発!なんてのも最初に考えましたが、それだけだとしっかりと刻印が合わさる保証はないため確実性もなく、そもそもヒソカの左手にいつ刻印をつけたんだ?と色々謎が残ってしまいますからね。

ヒソカの左手が爆発する際にクロロが「今だ」と発言したことも気にかかります。

クロロの意思で爆発のタイミングを調整できるとしたら、その発言にも納得がいきます。

いかがでしょうか?

合ってるかどうかはわかりません(笑)

あくまで“私の予想”なので、参考までにどうぞ。

まあ次週のハンターハンターを見ればきっと答えがわかるでしょうね。

あ~、早くハンターハンターの続きが読みたい!!!

以上、【ネタバレ注意】ハンターハンター・第355話の感想・考察記事 でした。

⇒ハンターハンター団長クロロの念能力(ダブルフェイス)の強さを考察

⇒富樫先生のヒソカ最強発言は嘘?ヒソカ・モロの能力や強さを考察

・前回の話

⇒【ネタバレ注意】ハンターハンター・第354話の感想・考察記事

・次回の話

⇒【ネタバレ注意】ハンターハンター・第356話の感想・考察記事

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加