黒木瞳の娘や夫はどんな人?宝塚時代の活躍についても

スポンサードリンク

黒木瞳のプロフィール

kurokihitomi

【名前】   黒木 瞳(くろき ひとみ・本名は伊知地昭子)
【生年月日】 1960年10月5日
【身長】   163㎝
【出身】   福岡県八女市(旧黒木町)
【血液型】  A型
【所属事務所】ポエムカンパニーリミテッド
【公式HP】   http://www.kurokihitomi.net/

50代になった今も変わらず美しい元宝塚の女優、黒木瞳さん
2016年6月公開の映画「嫌な女」の監督を務めるなど、女優としてだけではなくマルチに活躍しています。
そんな黒木瞳さんの娘や夫のエピソード、宝塚時代の活躍についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

娘さんはどんな子?

黒木瞳さんは1998年38歳の時、女の子を出産しています。
娘さんの名前は、ネットなどで出回っている噂からすると伊知地萌子さんと仰るようです。

この娘さん、青山学院中等部に在籍していた時代にある問題を起こして、週刊誌に報じられてしまったことがあるそうです。

問題が起きたのは2012年。その内容は、同級生の女の子を学校内のトイレに追い込み、無理に制服を脱がせて撮影するといういじめ行為を行うといったものでした。
この行為の主犯格で指示を出したのが、黒木瞳さんの娘であると当時報じられ噂になりました。
被害者の女の子は両親に相談し両親は学校に抗議したそうですが、驚くべきは学校の対応です。
実行犯の男子生徒は退学になり、娘の萌子さんは停学止まり。
なぜが喧嘩両成敗という理由で、被害者の女の子も停学になっています。

娘が停学で済んだのは噂では学校に多額の寄付をしているからだとか、有名人の娘だからだとか夫の権力など色々言われていましたが真実はわかりません。

この問題が発覚した後、娘さんは慶應義塾ニューヨーク学院に留学したとされています。
世間では娘を逃がしたと思われているようですね。

ちなみに、黒木瞳さんは娘さんにも同じ道を歩んで欲しかったようで宝塚音楽学校を受験させていたそうです。
しかし、残念ながら噂のあった問題のせいでなのか宝塚音楽学校の試験には落ちてしまったそうです。
その時ライバル関係にあった君島十和子さんの娘は受かっていたそうで、さぞや悔しい思いをしたでしょうね。

黒木瞳さんの娘さんの現在はわかりませんが、問題の被害者の女の子は芸能界入りしたという噂です。
山木さんという方だそうで、ポスト剛力彩芽と言われているんだとか。
これが事実だとするならば、共演する日は訪れるのでしょうか?

夫はどんな人?

1991年に4歳年上の電通の社員と結婚しています。
夫の名前はネットなどで出回っている情報では俊夫さんというそうです。

出会いは黒木瞳さんが出演したCMの制作に、夫となる俊夫さんが携わっていたことがきっかけで知り合ったそうです。
そして意外なことにアプローチしたのは夫からではなく黒木さんからだったんですって!
一目惚れしたということでしょうか?
まぁ、見事恋は成就して結婚まで至ったというわけですね。

夫はエリート街道まっしぐらのようで、2015年に出世して今や携帯会社の広告を仕切る局長だそうです。
だからといって業界人のような部分は全くなく、家族を大切にしていている人。
よく部下を家に招いてホームパーティーなんかを開いたりするそうです。
とても人柄の良い夫なんでしょうね。

夫婦仲も良いようで、黒木さんはエッセイを連載しているのですが、その中で同じ布団で寝ていることや、夫と一緒に映画を観に行っていることなどを赤裸々に綴っています。
アニバーサリーには結婚式のアルバムを見るなど、いつまでも新婚のようですね。
黒木瞳さんが歳を重ねても美しくいられるのも、こうした夫との幸せな時間があるからかもしれませんね。

宝塚時代について

黒木瞳さんといえば元宝塚の娘役トップスターでした。
その当時の活躍を振り返ってみましょう。

1981年に宝塚歌劇団に入団し、娘役としては史上最速となる入団2年目で当時の男役トップの大地真央さんが相手役にしたいと申し出たことにより、「情熱のバルセロナ」で月組トップ娘役に就任。
しかし異例のスピード出世には必ず影がつきもので、黒木瞳さんは先輩からの陰湿ないじめにあっていたり、差し入れとして砂入りのサンドイッチを届けられたり、カミソリを送られてきたこともあったそうです。
先輩からいじめられて稽古場で泣いていた黒木瞳さんを、大地真央さんがよくドライブに連れ出し慰めていたそうです。
宝塚は女の園、やはりそういった恐ろしいことも起こるんですね。

そして2人は「あしびきの山の雫に」「シブーレット」「ムーンライト・ロマンス」「翔んでアラビアンナイト」「ザ・レビューII」「ガイズ&ドールズ」などに出演し、在団中には娘役でありながら大地真央さんに迫る程の人気を獲得しました。
大地真央さんは宝塚を退団する時、黒木瞳さんに1番に伝えたそうです。
それを聞いて黒木さんは“一緒に辞めてもいいですか”と。
ずっと一緒にやらせて頂いていたので、他の人とは考えられなかったそうです。
こうして1985年「二都物語/ヒート・ウエーブ」の千秋楽を最後に2人は宝塚を同時退団。
芸能界へ転進し、現在に至ります。

宝塚時代も華麗なる経歴でしたね。
辛いいじめなどにもあっていたようですが、女のやっかみは怖いですね。
大地真央さんとは現在でも食事に行く程親しいそうで、宝塚時代の友情が今も続いているなんて素敵ですね。

黒木瞳さんは日本テレビで2016年7月の日曜夜10時半から放送予定のドラマ「そして、誰もいなくなった」への出演が決まっています。
主人公・藤原竜也さんを女手一つで育ててきた母親役ですが、どこか怪しさを含んでいるようにも感じられる・・・
そんな難しい役どころを演じています。

息子を信じ切ることが出来るのか!?
今から放送が楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加