田村ゆかりがアミュレートへ移籍した理由はなぜ?般若の元ネタも

声優・アイドルとして大人気。ゆかり王国のお姫様と名乗り、もはや声優やアイドルの粋を超えているとまで言われる声優の田村ゆかりさん

その声優の田村ゆかりさんがなんと9年間所属していた事務所を離れ、

アミュレートという事務所へ移籍したことが発表されました。

9年間も仲良くしていたはずの事務所を離れて、

アミュレートという事務所へ移籍する事になった理由とは一体何なのでしょうか。

今回は、声優の田村ゆかりさんがなぜアミュレートへと事務所を移籍することになったのか、その理由についてや、田村ゆかりさんが般若と呼ばれる由来となった元ネタなどについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

田村ゆかりのプロフィール

tamurayukari

【名前】  田村 ゆかり(たむら ゆかり)
【愛称】  ゆかりん、ゆかり姫、般若
【生年月日】1976年2月27日 ※永遠の17歳
【出身地】 福岡県
【血液型】 A型
【身長】  157cm
【学歴】  久留米商業高校、代々木アニメーション学院福岡校
【職業】  声優、アイドル、歌手
【所属事務所】アイムエンタープライズ⇒アミュレートへ移籍

スポンサードリンク

アミュレートへ移籍することになった理由は?

このアミュレートへの移籍の発表がされる少し前、

2016年2月10日に田村ゆかりさんが自身の公式サイトで突然予定していたライブの開催を中止・ラジオ番組の終了・田村ゆかりSTAFF Twitterの閉鎖など、一斉に活動を中止する事を発表していました。

実は元々、数年前から引退説が流れていた田村ゆかりさん。

この報道がされた時にはファンたちの間で、

田村ゆかりさんがひょっとしたら引退するんじゃないか?

もしかしていい年齢だしそろそろ結婚!?

なんて、その理由の噂が流れたりしていましたが、

実際の所はアミュレートへの事務所の移籍ということでしたね。

では、一体なぜ田村ゆかりさんはアミュレートへと移籍することになったのでしょうか。

その理由について書いていきたいと思います。

まず、田村ゆかりさんは自身の公式ブログで以下のように話しています。

2016年8月1日より、アミュレートさんに移籍する事になりました。

アイムエンタープライズさんに所属させていただいた9年間。
たくさんのスタッフさんにお世話になりました。
本当にありがとうございました。

新しい環境でも、頑張って行きます。
見守っていて下さると嬉しいです。

開催決定したファンクラブイベントも楽しみにしていて下さいね。

田村ゆかり

(引用元:田村ゆかり公式サイト)

これを見る限りでは、喧嘩して事務所を移籍することになった・・・とかそういう問題ではなさそうですね。

キングレコードとの専属契約が終了したことがきっかけか?

実は2016年3月20日をもって所属レーベルであるキングレコードとの専属契約が終了している田村ゆかりさん。

今回アミュレートへ事務所を移籍することになった理由に、

このあたりが絡んでいる可能性は非常に高いのではないでしょうか。

キングレコードとの専属契約が終了した時に田村ゆかりさんは、

今回、私のわがままで、契約終了という形になってしまいましたが、
三嶋さんはそっと背中を押して下さいました。
言いたいことはたくさんあったでしょう。
だけど、恩知らずの私に何も言わず「わかった」と言ってくれました。

と語っていました。

ちなみに三島さんとは当時キングレコードのプロデューサーだった方です。

調べる限りでは、田村ゆかりさん及びキングレコードの間では明確な契約終了理由が述べられてはいませんでしたが、

田村ゆかりさんのこの発言を見る限り、

田村ゆかりさんのわがままで契約終了という形になってしまった、

つまり、田村ゆかりさんとキングレコードの一部の人が揉めたのではないかと、

考える事ができるんじゃないでしょうか。

特に表だって理由を説明していないあたり、あまり良い理由ではないことは明らかですからね。

そう考えるのが自然かもしれません。

あくまで個人的な予想の域を超えない話ではありますが、

今回の田村ゆかりさんがアミュレートへ移籍した理由の一つは、

田村ゆかりさんとキングレコードが揉めたからではないでしょうか。

なぜアミュレートを選んだのか?

失礼になるかもしれませんが、アミュレートといえば、以前所属していたアイムエンタープライズに比べてやや見劣りするような事務所な気がします。

どちらかと言えば格下げになったようなイメージです。

田村ゆかりさんがキングレコードと揉めて専属契約を終了することになったとして、

ではなぜアミュレートを移籍先の事務所に選んだのでしょうか。

キングレコードの契約終了時に田村ゆかりさんは、

歌うことをやめるわけではない

歌い続けて、もっと人間的に成長して必ず恩返ししたい

と話していました。

私が思うに、田村ゆかりさんは音楽にもっと力を入れたいのではないでしょうか。

この発言を見る限り、

田村ゆかりさんが歌うことにこだわりを持っていることが伝わってきます。

アミュレートには、彩音さんやいとうかなこさん、鈴木このみさんなどの、実力のあるアニメ・ゲームの歌を歌っている歌手が在籍しています。

アミュレートはアニソン・ゲーソンに力をいれている事務所なのではないでしょうか。

田村ゆかりさんはもっと歌を歌いたい!

アイムエンタープライズ・キングレコードはそれに承諾しなかった

アニソン・ゲーソンに力を入れている事務所であるアミュレートへ移籍

と考えるのが自然な流れなのではないでしょうか。

もしくは、単純にアミュレートの人と田村ゆかりさんが仲が良かったとかそんな感じかもしれませんがね。

個人的な予想では、歌が歌いたいという田村ゆかりさんの気持ちが大きく影響しているんじゃないかなと考えています。

田村ゆかりさんが般若と呼ばれる元ネタって?

突然真剣な話題からガラリと話を変えてみます(笑)

田村ゆかりさんってたまにニコニコ動画とか掲示板とかのコメントを見ると般若って呼ばれてるんですよね。

なぜ田村ゆかりさんが般若と呼ばれているのか、その元ネタについて調べてみました。

どうやら般若と呼ばれている由来は、

単純に“田村ゆかりさんの顔が般若に似てるから”という理由のようです。

元々般若と呼ぶ層は一定数あったようですが、

「デビルマンレディー」というアニメのテーマソングである「REBIRTH~女神転生~」という曲のPVで、田村ゆかりさんが仮面姿で出演する描写があり、

これがきっかけで、般若という愛称が全国的に広まったようですね。

元ネタとしては田村ゆかりさん自身の顔が般若に似ているということみたいですが、

この曲のPVがきっかけで広まり、ファン?がふざけて般若と呼ぶようになったことで爆発的に広まっていったようですね。

お姫様に対して般若は失礼ですよね。

確かに似てなくもないですが・・・・。

まあアンチの数だけ人気があるってことですね。

でも般若って呼び名は何気に面白いから好きですが(笑)

今回の記事のまとめ

アミュレートへと事務所を移籍した田村ゆかりさん。

事務所を移籍した理由は公式には発表されていませんが、

個人的な予想では、

歌をもっと歌いたかった田村ゆかりさんがキングレコードとの折り合いがつかず、アニソン・ゲーソンに力を入れているアミュレートに移籍することになったのではないか

と考えています。

実際のところなぜアミュレートへ移籍することになったのかは謎のままですが・・・。

公式に発表されていないところを見ると、あまり表だって話せるようなことではないのかもしれませんね。

田村ゆかりさんが般若と呼ばれる元ネタとなったのは、

PVで仮面姿で登場したことだったようですが、

その前から般若と一部では呼ばれていたようですね(笑)

アンチに負けずがんばれ、般若。

アミュレートへ移籍した田村ゆかりさんですが、

今後も歌手・アイドルとしてがんばっていただきたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加