幸せになるため、結婚・子育てするのに必要な理想の世帯年収とは

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

そろそろ結婚を考えたい。でもどのぐらいのお金がいるのか見当もつかない・・・

この人と結婚したいと思ってるけど年収的にやっていけるのかな・・・

こういった不安や疑問を抱いている方は結構多いのではないでしょうか?

そういった方のために、今回は結婚するにあたって、暮らしていくため・子育てするために必要な理想の世帯年収についてお話していこうと思います。

※説明をわかりやすくするために年収○○万円と書かせていただいておりますが、ここでお話する年収とは”手取り金額”を想定して考察しています。税金等を差し引いて手元に残るお金ベースということです。

スポンサードリンク

結婚・子育てに必要な理想の世帯年収

一人暮らしであれば月収20万もあれば十分な暮らしができますよね。

二人暮らしであれば共同で使う物を多くなるので、月40万もあれば余裕です。

ということは、子供がいないのであれば世帯年収500万ほどあれば十分に暮らしていくことはできるということです。

子育てに必要な費用はどれぐらい?

しかし、結婚するとなると、ほとんどの方は子供を育てていくこととなると思います。

では子育てに必要な金額とはどれぐらいなのでしょうか?

以下は平成21年度に内閣府がインターネットにて行った、第1子一人あたりの子育て費用調査の結果です。

年齢年間子育て費用
0歳931,246円
1歳878,040円
2歳942,715円
3歳1,040,577円
4歳1,197,116円
5歳1,159,523円
6歳1,215,243円
7歳1,112,082円
8歳1,059,791円
9歳1,131,097円
10歳1,152,088円
11歳1,235,483円
12歳1,269,053円
13歳1,527,873円
14歳1,531,521円
15歳1,611,802円
0歳~15歳・中学卒業までの合計費用18,995,250円

衣類関係費、食費、生活用品費、医療費、保険費、学校教育費、学校外教育費、学校外活動費、子供の携帯電話料金、おこづかい、お祝い行事関係費、子供のための預貯金・保険費、レジャー旅行費がこの費用に含まれています。

表を見ていただきますと、中学卒業までで、約1900万円ほどの子育て費用が必要になってくる結果となっています。

これに加えて、子供に高校以降も進学させていくこととなると、高校・大学の学費、予備校や部活などにかかる費用がプラスされることとなります。

高校の学費に関していえば、

・公立高校3年間の学費で約100万円。

・私立高校3年間の学費で約300万円。

大学の学費に関していえば、

・国立大学4年間の学費で約250万円。

・私立文系大学4年間の学費で約380万円。

もちろん進学する学校によって細かくは異なってきますが、大体このぐらいの費用が学費としてかかってくることとなります。

今回は公立高校卒業⇒私立文系大学に進学するという例で考えてみようと思います。

まず公立高校の学費で100万円。そして私立文系大学の学費で380万円。

合計480万円の学費が大学卒業までにかかってきます。

これに加えて学費以外に衣類関係費、食費、医療費などの必要なお金がかかってきます。

上に表で書かせてもらった第1子一人あたりの子育て費用調査の結果を参考に考えますと、15歳時から大幅に子供が成長することはあまりないので、15歳時の子育て費用から学費・学校外教育費を抜いた費用がおそらく高校生以降もかかってくるものと想定できます。

中学の学校教育費が約24万円。学校外教育費が約36万円なので、それを足した合計費用は約60万円。

15歳時の年間子育て費用は約160万円だったので、そこから60万円をひくと、約100万円となります。

つまり、高校以降、学費以外にかかってくる費用は年間約100万円となります。

高校・大学合わせて基本的に7年間ありますので、7年間にかかってくる費用は約700万円

高校・大学の学費480万円とこの金額を合計すると、約1,180万円となります。

まとめますと、

中学までで1,900万円、高校・大学で1,180万円の費用がかかってくる計算となりますので、

このケースでは子供一人を大学卒業まで育てるには約3,000万円かかる計算となるのです。

今回の例では大学受験のために予備校へ通う金額や私立高校への進学を考慮していないので、その他もろもろのお金のことを考えるともう少し費用が必要になってくるでしょう。

結構あなどれないほどの大きな金額ですね(笑)

子供を育てるのに理想の年収

さて、前述した通り子供一人を育てる必要費用が約3,000万円かかります。

仮に30歳で結婚したとすると、定年退職する年齢は65歳が多いため、35年ぐらいは会社で働くことになるでしょう。

冒頭でお話させてもらったように、二人暮らしで子供がいないのであれば年収500万円もあれば余裕を持って生活をすることができます。

ということは、年収600万程あれば1年間で100万円程子育てにあてることができるため、35年で3,500万円です。

子供一人ぐらいであれば年収600万円もあれば大学卒業するまでしっかりと育てることができそうですね。

子供二人を大学卒業まで進学させようとするには年収700万円は欲しいところです。

つまり、子供が大学卒業するまでしっかりと育てるための理想の世帯年収は600万円~700万円ぐらいであると言えるでしょう。

しかしこれはあくまで貯金0の場合での計算です。

子供一人育てるのに3,000万円程かかるということを頭にいれて、夫婦の生活レベルを考えた上で、結婚できる状況にあるかを考えてみると良いでしょう。

日本の平均年収

あくまで上に書かせてもらったのは理想の年収です。

実際はここまでの年収をもらっている家庭は多くはないでしょう。

平成26年度に行われた国税庁の民間給与の実態調査結果によると、日本の平均年収は415万円。男女別に見ると、男性514万円、女性272万円となっています。

日本の平均年収で考えると、もしも夫婦が共働きであるのならば世帯年収は800万円弱になります。手取りは600万円ぐらいでしょう。

日本の平均年収から考えると、理想の年収に届かせるには夫婦共働きである必要があるほどです。

中々に理想の年収まで届かせるのは厳しそうですね。

スポンサードリンク

お金がなくても愛さえあればなんとかなる?

たとえ旦那さんが年収300万円に満たなくても、奥さんがパートで働いたり、贅沢な暮らしを望まなければ十分に暮らしていけます。

子育てに関しても公立・国立の学校への進学や、奨学金などの制度を使えば大学に進学することも可能ではあります。

普通に会社で働いてさえいれば、お金がないから結婚できない・子育てできないということは日本では起こりえません。

しかし、ある程度の年収がなければ多少の贅沢な暮らしや満足できる子育てができないということも事実としてあります。

このあたりの現実的なお金の問題も踏まえた上で、結婚しようかと考えている人は結婚するべきなのかどうかじっくりと考えてみるといいでしょう。

お金があっても、贅沢してても、不幸せそうに暮らしている人はたくさんいると思いますし、お金がなくても幸せそうに暮らしている人はたくさんいます。

個人的には愛さえあればなんとかなる!・・・と考えてしまう派なので、今回の考察については現実感がありすぎて少し嫌になりましたが(笑)

でも子供のためを思えば、ある程度の年収は必要なのかもしれませんね。


↓卓球少女・福原愛が台湾の彼氏と結婚予定!?
⇒福原愛が結婚予定の彼氏である卓球台湾代表の写真!兄や父と母も

↓イケメン体操選手・加藤凌平のハーレム事件って?
⇒加藤凌平のイケメン画像と彼女!ハーフ疑惑?弟と母親や高校も

↓体操選手・白井健三の彼女の画像!
⇒白井健三の彼女の画像!筋肉や意外な身長?兄弟や高校の偏差値も

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加