閉じる
閉じる
  1. スプラトゥーン2の発売日はいつ?ハード機はNXで出る可能性!
  2. 舛添要一は朝鮮人?保育所よりも韓国・朝鮮学校を優先する理由は?
  3. 伊良部島が人気急上昇の理由とは?名物・おすすめ観光スポットの情報
  4. 今日も一日がんばるぞい!の元ネタはNEWGAME?コラ画像も
  5. イケメン俳優・藤木直人は結婚してる?出身大学やおすすめ出演ドラマ
  6. 数々の雑誌で活躍中!ヘアメイクアーティスト森ユキオのプロフィール
  7. すっぴん画像もかわいい!永野芽郁の身長・体重や演技力について
  8. FNS27時間テレビ2016のタイムテーブル!キスマイも出演
  9. 黒木瞳の娘や夫はどんな人?宝塚時代の活躍についても
  10. ハンターハンターカキン帝国王子の強さや守護霊獣等の考察と解説
閉じる

気になる.com

THEカラオケ★バトルで話題!ものまねも上手い歌手、城南海って?

スポンサードリンク


城南海のプロフィール

profile_150930

【名前】  城南海(きずきみなみ)
【生年月日】1989年12月26日
【身長】  147㎝
【出身】  鹿児島県奄美市
【血液型】 A型
【職業】  歌手
【公式HP】  http://www.kizukiminami.com/

 

スポンサードリンク


歌手として活躍中!THEカラオケ★バトルで人気の城南海とは?

城南海さんの歌は奄美シマ唄をルーツとし、独特の節回しの“グイン”を取り入れた歌唱法は圧倒的で、聴く人を魅了します。声も澄んでいてとても綺麗な歌声です。

城南海さんは2006年に路上ライブをしていた時にスカウトされ2009年にシングル「アイツムギ」で歌手デビューし、次々とシングルをリリースしています。
2枚目のシングル「誰カノタメニ」は2009年に放送されていた昼ドラ「エゴイスト 〜egoist〜」の主題歌にもなりました。
着々と歌手としての実績を積みつつ、2014年THEカラオケ★バトルに出演し、その正確な音程や加点の多さで注目を浴びるようになりました。
1週2週と勝ち抜き優勝し、遂にはTHEカラオケ★バトル初の100点満点まで出した城南海さん。

しかし10週勝ち抜きには届かず…。9週連続優勝で終わってしまいました。

とはいっても、9冠の最多優勝記録を達成したという事実はすごいと思いますが。(笑)

城南海さんは後にブログで“いつか必ず10本目のトロフィーを飾ってみせる”と意気込んでいました。
その歌唱力はとても高く評価され、THEカラオケ★バトルで歌った曲は、是非CDにして欲しいという要望もあり、2015年にカバーアルバムも発売しています。

 

ものまねも上手かった城南海!

2015年5月と10月に放送された「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」に城南海さんが出演されました。
歌の上手さは折り紙つきですが、ものまね?と正直ピンときませんでした。
しかし、MISIAさんのものまねを披露した城南海さん、圧巻です!!
特徴も全て捉えていて、その小さな身体のどこから声が出るのかわかりませんが、伸びやかに歌い上げてしまいます。これには会場に方々も聴き入っていました。

 

次に出場した時は田村直美さんのものまねを披露したのですが、何とこちらはご本人登場のコラボものまね。
しかし城南海さん。ご本人登場のもかかわらず、全く臆することなく、むしろ楽しげに歌っていました。もちろん、ものまねのクオリティーも完璧です。
最後に司会者の方に“普通は本人が優位に立つもんなのに、声出し過ぎ。私の方が出るでしょ位な(笑)”と突っ込まれていました。

 

その後12月放送の「ものまね王座決定戦」に初出場。
浜崎あゆみさん、Superflyさん、元ちとせさんのものまねを披露しましたが、どれも本人かと聞き間違う程の出来で堂々と歌い上げ、とても初出場とは思えない貫禄がありました。
結果は全28組出場した中での、見事大番狂わせの優勝を勝ち取りました。

 

歌手としての顔、THEカラオケ★バトルで見せる負けず嫌いな顔、ものまねで見せてくれる器用な顔。
様々な顔を見せてくれる城南海さんから目が離せませんね。




スポンサードリンク



関連記事

  1. 及川光博が俳優になるまでの道のりとは?おすすめの出演ドラマや映画…

  2. ファブリーズのCMでお馴染みの平岩紙はかわいい?荒川良々との関係…

  3. 高橋一生は子役時代ドラマで活躍!結婚してる?過去の彼女の噂も

  4. 白洲迅は本名?おすすめの出演ドラマを紹介!性格と彼女の噂も

  5. ふなっしー現在の活動は?テレビから消えた理由や中の人の正体も

  6. 女優の井上真央が所属事務所を退社・独立!理由は松本潤との結婚か?…

  • ハンターハンター記事まとめ

ページ上部へ戻る