閉じる
閉じる
  1. 平成の次の新しい年号の候補と予想!変わるタイミングや決め方も
  2. おそ松さん一番くじ7月の発売日はいつから?取扱い店舗や値段も
  3. スプラトゥーン2の発売日はいつ?ハード機はNXで出る可能性!
  4. 必見!冬に車のフロントガラスが凍る時の対処法
  5. 神谷浩史に子供はいるの?昔の画像や過去の事故の内容まとめ
  6. 【速報】錦織全仏3回戦進出!試合結果や次の対戦相手の情報等
  7. ラストコップの放送日はいつから?キャストや主題歌の発売日も
  8. 武井咲は性格いい?出身高校や彼氏の噂!指毛で指輪が!【画像】
  9. 新テニスの王子様一番くじ2016の発売日!取扱い店舗や商品も
  10. 逢田梨香子がハンバーグで炎上!絵の画伯っぷり…【可愛い画像】
閉じる

気になる.com

映画IT(イット)のDVD発売日やレンタル開始日はいつから?

 

『IT(イット)/”それ”が見えたら、終わり』は2017年9月8日に公開された映画で、1986年に発表されたスティーブン・キングの小説『IT-イット-』を原作にしています。

 

この『IT』自体は、二度目の映画化で前作は日本では1991年に公開されました。

恐らく、ホラー映画でピエロが出てくる映画と聞くとピンとくる方は多いかもしれません。

そして、今回の『IT/イット”それ”がみえたら、終わり』(以降は便宜上『IT』と記載します。)はその続編ということになります。

 

2017年公開された『IT』は、北米での累計興行収入は3億ドルを超え、あの大ヒットホラー映画『シックスセンス』を上回ったため、ホラー映画№1の記録的ヒットを博しました。

そんな大ヒット公開中のホラー映画『IT』はどんな映画なのか、DVD・BD発売日はいつなのか、DVD・BDレンタル開始日はいつなのかを調査し、いち早くお届けしようと思います!

 

 

スポンサードリンク



『IT(イット)/”それ”が見えたら、終わり』ってどんな映画なんだろう?

 

今回紹介する映画『IT』は、最初にも紹介した通り、ホラー映画です。

ただ、これだけ聞くとあまり魅力的に感じないと思うので、もっと詳しく書いていきましょう。

 

『IT』はホラー小説の巨匠、スティーブン・キングの小説『IT-イット-』を原作にして作られており、小説自体も高い評価をされています。

 

 

では、今作『IT』は一体どういう映画なのでしょうか?

 

平和で穏やかな田舎町。そこでは子供が行方不明になるという事件が多発していました。主人公のビルの弟も同じように失踪してしまいます。

悲しみに暮れ、弟の無事を案じるビルの前に”それ”が現れます。”それ”を見てからというものビルは恐怖に取りつかれてしまいます。

 

そして、同じように”それ”に出会った子供はビルだけではありませんでした。

同じ境遇を共にする仲間たちと事件の真相にビルは迫っていきますが…その先には更なる恐怖が待ち受けているのです。

 

ここで出てくる”それ”とはなんでしょうか?

 

 

それは”ピエロ”です。記事の冒頭でも話していますが、このピエロが今作『IT』の象徴となります。

 

 

ちなみにこの作品の前作としての『IT』が公開された当時は、ピエロが怖いという人、特に子供が続出したそうです。たしかに夜道で出会ったら怖いですよね!

あと原作者であるスティーブンキングはホラー小説家ではありますが、他作品にグリーンマイルなどの感動的な作品も書かれていることで有名ですね。

 

 

 

スポンサードリンク



『IT(イット)/”それ”が見えたら、終わり』のDVD・BD発売日はいつ?

 

続けて、『IT』のDVD・BDの発売日がいつなのかについて書いていきましょう。

 

とはいっても、現時点では絶賛公開中なのでDVD・BDの発売日がいつかは発表されていません。こればっかりは仕方ありませんね。

 

しかし、同じ配給会社の過去作品のDVD・BD発売日の傾向から予測を立てることが可能です。

 

『IT』の配給会社はワーナーブラザーズなので、同じワーナーブラザーズから配給されている作品を元に予測を立ててみましょう。

 

『インセプション』は2010年7月23日が公開日です。DVD・BD発売日は2010年12月7日でDVD・BD発売まで約5か月です。

 

『インターステラ―』は2014年11月22日が公開日です。DVD・BD発売日は2015年4月8日でDVD・BD発売まで約4か月半です。

 

『アイアムレジェンド』は2007年12月14日が公開日です。DVD・BD発売日は2008年4月24日でDVD・BD発売まで約4か月です。

 

過去のワーナーブラザーズ配給の映画を見てみると、映画公開日の4か月から5か月ほど経過してからDVD・BDが発売されることが多いようです。

 

よって、『IT』の公開日は2017年11月3日なので、DVD・BD発売日は、2018年3月から4月にかけてと考えられます。

 

 

『IT(イット)/”それ”が見えたら、終わり』のDVD・BDのレンタル開始日は?

 

発売日の次は、『IT』のDVD・BDのレンタル開始日についてです。

大体の映画作品は、DVD・BDの発売日とほぼ同時にレンタルが開始されています

 

なので、『IT』のDVD・BD発売日と同じ時期にレンタルが開始されるでしょう。

そのため、発売日を予測した2018年3月から4月前後にレンタルが開始されるでしょう。

 

 

今回の記事のまとめ

 

今回は『IT』がどういう作品か、DVD・BDが発売されるのはいつなのか、レンタル開始日がいつなのかについてまとめました。

ワーナーブラザーズの映画作品のDVD・BDが発売される流れから考えるとほとんど間違いなく2018年3月前後になるでしょう。

ホラー映画好きの私も『IT』のDVD・BD発売を楽しみに、残りの2017年を過ごしていきます!
 
 

不要なDVD・書籍・ゲームが家にあるなら・・・

不要なDVD・書籍・ゲーム・・・などなど、買ったはいいものの、ホコリをかぶったたままになっていませんか?

(買って1回ぐらいしか見てないDVDとか・・・。)

 

正直、それをそのまま家に置いててもインテリアにすらなりません。

 

特に比較的新しい物で見もしないDVDをそのままにしておくのは非常にもったいないです

 

それってかなり損していることになっているので、「もう見ないだろうな・・・」と思うDVDなどは売り払ってしまって、早めに現金化しておくことをおすすめします

 

なぜなら、物の価値は時間と共に下がっていくからです。

 

1万円で買った新品のDVDも時間が経てば経つほど8000円、6000円、5000円・・・と、どんどん価値のない物へと変わっていってしまいます。

 

1ヶ月前に売っていれば8000円の価値だったものが、今売ったら5000円の価値にしかならなかったなんてことはザラにあります。

さらに言うと、もし売ろうと思わなければ5000円すら手に入れることができません

手に残ったのはホコリをかぶったDVDだけ・・・。

 

どうせ見ないものをいつまでも持ってるぐらいだったら、現金化して自分の趣味に使ったり、美味しいものでも食べたほうが絶対いいはずです

 

手遅れになる前に、不要なものは現金化しておくようにしましょう。

 

 

とはいっても、近場のブック○フなんかに売りに行ってはいけません

買取金額が安すぎて悲しい思いをすることになるでしょうから・・・。

 

買取をしてもらうならば、断然ネットでの買取がおすすめ

なぜなら店舗での買取よりも高値がつくケースが多いからです。

 

中でもおすすめしたいネットの買取サイトが「BUY王」というサイトです。

 

「BUY王」は、DVD・ゲーム・書籍に特化したサイトで、他のサイトよりも高値で買取をしてくれることが多いです。

(特化してるといっても、家電やグッズ、フィギュアなど幅広い物を買取してくれます。)

 

特に「最近買ったけどもう見ないだろうな」というDVDがある方は、なるべく急いで「BUY王」を利用したほうがお得です

 

BUY王では、

・発売日から1ヶ月以内の商品は定価の40%保証

・発売日から3ヶ月以内の商品は定価の35%保証

・・・という買取額保証サービスを行ってくれていますので、早ければ早いほど高値で買取してくれます。

 

もしも家の中に不要なDVDなどがあるなら、「BUY王」を利用すると良いでしょう。

 

BUY王の公式サイトはこちら↓


※追記

現在「BUY王」では買取金額が最大3300円アップするキャンペーンを実施してくれています。

上記リンク先のページをちょっと下にスクロールしたところに「お得なキャンペーンコード」が提示されているので、買取依頼の備考欄に忘れずに入力するようにしましょう。




スポンサードリンク




関連記事

  1. 『鉄腕アトム』ハリウッド実写映画化!成功するのか失敗するのか?

  2. ノーゲームノーライフの映画公開日はいつ?前売り券やPV動画も

  3. 未来のミライのDVDとBDの発売日とレンタル開始日はいつ?

  4. 鋼の錬金術師の実写映画のDVD発売日とレンタル開始日はいつ?

  5. ジャスティスリーグのDVD発売日やレンタル開始日はいつから?

  6. 昼顔の映画のDVDとBD発売日やレンタル開始日はいつから?

おすすめ

ページ上部へ戻る