閉じる
閉じる
  1. 早見あかりはハーフ?英語力やももクロ脱退理由!身長や性格も
  2. 土屋太鳳と山崎賢人のキスシーンの画像や共演映画!仲良しすぎ?
  3. 世界体操2017の放送日程予定!代表選手やプレゼンターまとめ
  4. FNS歌謡祭2016夏のタイムテーブル!関ジャニやももクロは?
  5. 長年学校で行われてきた『座高測定』が廃止!その理由とは?
  6. 映画「桜姫」で活躍!イケメン俳優青木崇高の彼女や性格について
  7. 下野紘のかわいい画像集!からあげ好き過ぎてコラボ?年齢や身長も
  8. 松井愛莉の彼氏は?ゲームのCMにも出演!身長体重や出身高校も
  9. 女性遍歴がスゴイ?舛添要一の妻・舛添雅美の画像や今までの離婚歴等
  10. 石田彰は結婚してないのは性格が原因?裏名や出身高校と大学も
閉じる

気になる.com

プレバト俳句先生の夏井いつきの本は?夫との結婚や子供と本名も

TBSの芸能人を天才か凡人かを判定する番組「プレバト」の、俳句作品を評価する際の毒舌ぶりが話題の俳人・夏井いつき先生

 

梅沢富美男さんら大御所にも容赦なくツッコミを入れていて、観ているこちらも小気味いいですよね。
「才能なし」の出演者への毒舌は強烈で笑えます。

 

意外にも俳人になる前は中学校の国語教師をしていたそうで、俳句を始めたのは長女を妊娠中で産休に入っている時、書店で手に取った俳句雑誌への投稿が始まりだったんだとか。
それが今では「プレバト」効果で人気急上昇ですからね。

 

 

今回はそんな夏井いつき先生の本や、夫との結婚や子供、本名などをご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


夏井いつきのプロフィール

 

natuiituki

 

【名前】  夏井 いつき(なつい いつき)
【生年月日】1957年5月13日
【出身】  愛媛県南宇和郡内海村
【血液型】 O型
【職業】  俳人・エッセイスト

 

 

スポンサードリンク


夏井いつき先生のプレバト俳句先生としての活躍・普段の仕事について

 

 

夏井いつき先生といえば「プレバト」での辛口の毒舌ですよね。
1枚の写真から出演者らゲストが俳句を作り、それを夏井いつき先生が添削していく「プレバト」の人気コーナー。
ダメだった時はズバッとめった切り、良かった時はきちんと褒める。
そのスタイルは相手がお笑い芸人、アイドル、宝塚、芥川賞作家から大御所、誰であっても容赦しません。

 

過去にはNHK教育の天才てれびくんMAXのコーナー「俳句道場」「天てれミッション」に出演していたこともありました。

 

また、現在NHK俳句の第3週を担当で出演しています。

2016年10月24日に放送された「結婚したら人生劇変!◯◯の妻たち」に出演し、知られざる壮絶な義母と自身の母のW介護、夫婦共に疲弊が募り話し合いの末の離婚について語っていたこともありました。

 

現在は安定して「プレバト」への出演やNHK俳句の仕事があるので、収入などの心配はいらないでしょうね。

 

 

夏井いつき先生が出している本について

 

 

夏井いつき先生が出している本は、

・それ行けミーハー吟行隊
・伊月集-第1句集
・子供たちはいかにして俳句と出会ったか
・絶滅寸前季語辞典
・森になった街 写真と俳句でつづる別子銅山
・続 絶滅寸前季語辞典
・うみいず 俳句と写真とつづる内海村
・夏井いつきのスパイシーママ
・100年俳句計画
・伊月集 梟-第2句集
・子規365日
・折々のギャ句辞典
・絶滅危急季語辞典
・超辛口先生の赤ペン俳句教室
・伊月集 龍
・夏井いつきの美しき、季節と日本語
・夏井いつきの超カンタン!俳句塾

を出版しています。

 

中でも人気な本が「超辛口先生の赤ペン俳句教室」です。

この本では、ピースの又吉直樹さんをはじめ人気芸能人62人が詠む俳句を、夏井いつき先生が一刀両断。
美しい兼題写真と添削をオールカラーで完全ビジュアル化した、初心者に優しい入門書となっています。
この本は「プレバト」効果で、俳句関連本としては異例のベストセラーを記録しました。

 

また、これに関連して「夏井いつきの超カンタン!俳句塾」も売れています。

この本では、ありきたりな平凡な句があっと驚くイメージ豊かな一句へ変身すると紹介。
そのミラクルな言葉の化学変化の秘密を初公開。
5・7・5にパズルのように言葉をはめ込めば、脳を鍛えて幸せホルモン・ドーパミンが泉のごとく湧いてくる。
俳句を詠めば脳が若返る!ストレスに強くなる!といった内容で、脳科学者、茂木健一郎さんとの対談も収録されています。

こちらの本も「プレバト」効果で売れてるんでしょうね。

 

この結果に夏井いつき先生は、「これは『プレバト』からの俳句の種まき運動の成果です。まずは私から『プレバト』に才能あり!を進呈ですね」と喜びを語っています。

 

 

夏井いつき先生の本名について

 

 

夏井いつき先生はどうやら本名ではないようですね。
本名は下の名前が「伊月」と書くそうで、それを平仮名にして芸名にしているようです。

 

夏井という苗字は前の夫の苗字で、前の結婚時代から俳人として活動していたので俳号にしたため、それを現在も名乗っているそうです。
再婚した夫の苗字が「加根」なので、本名は「加根伊月」なのかもしれませんね。

 

 

夏井いつき先生の結婚歴・夫・子供について

 

 

夏井いつき先生は25歳の中学校の国語教師時代に最初の結婚をしています。

 

夫も同じく同僚教員でした。
子供は男の子と女の子2人授かったようです。

 

この結婚生活は中々ヘビーだったようで、きっかけは同居していた舅が亡くなってから。
このことで姑が老人性うつを発症してしまい、同じ頃夏井いつき先生の母も脳腫瘍で手術したことで後遺症を発症し、面倒を診るために教師を辞めます。
そして夫と2人の子供、姑と実母での共同生活を始めます。

 

しかし、姑と実母が全く合わず、号泣してひっくり返って泣いている実母に仁王立ちしている姑の存在など、こんなことが続き家庭はギクシャク。
娘は不登校になってしまい、このままではマズいと考えた夏井いつき先生は実母を仕事場で借りていたアパートに住ませ、家庭の家とアパートを行き来しながらの生活を始めます。
そんな生活に夫から放たれた言葉が「家族から解放されたい」

お互いに疲弊が募り、話し合いの末離婚することに。

 

この時夏井いつき先生は43歳でした。

この頃のことを「自分なりに一生懸命やったつもりだったんだけど…上手くいかない。そういう生活を続けていくと家族って軋んでくんですよね」と語っています。

 

子供は夏井いつき先生が引き取り、シングルマザーとして子供と母の面倒をみていかなければならなくなり、俳句を主催して得られる会費や指導料、講演会での謝礼などで家庭を支えたといいます。
段々と仕事が増えていき、アパートから一軒家に移り住むことに。
この頃、俳句での活動で知り合った不登校の高校生を部屋が1部屋空いているという理由で住まわせていたこともあったそうです。
そしてこの家は通称「御幸ハウス」と呼ばれるようになり、後の8歳年上の夫とも俳句を通して46歳の時ここで知り合いました。

 

そして交際から3年後にプロポーズされ、晴れて結婚

 

この結婚したお相手の夫は、名前は加根光夫さん

中村玉緒さんが出演していた「マロニーちゃん」のCMを手掛けた、CMプロデューサーだったんだそうです。

 

現在は定年退職しており、「自分が付き人だったり、役に立つことの方が俳句のためになるんじゃないかな。僕ができることをして、助けたい」という思いから、俳句に人生の全てをかける妻を全身全霊で支えていることを告白していました。

 

また、すでに子供たちは自立しており、ブログでは孫がいることも明かしていました。

 

 

今回の記事のまとめ

 

 

今回は夏井いつき先生の本や、夫との結婚や子供、本名などを調べてみました。

 

夏井いつき先生の「プレバト」での毒舌は強烈ですよね(笑)
俳句の本も売れてるみたいですし、まさに「プレバト」効果。

 

本名は漢字なんですね。
俳号っていうのは変えられないものなんでしょうね。
その名前で登録してしまったから、変えずに名乗ってるんでしょうから。
芸名のようなものなのかもしれませんね。

夏井いつき先生はバツイチだったんですね。
前の結婚生活は中々壮絶なものでした。
前の夫の「家族から解放されたい」って言葉は酷くないですか。
夏井いつき先生の方が遥かに大変な思いをしてるでしょうに。
離婚してからも大変だったでしょうね。

でも今の夫と出会えて、晩婚ですが幸せなら良かったです。
良き理解者で、付き人にまでなってくれてますからね。

 

夏井いつき先生にはこれからも歯に衣着せぬ物言いで、どんどん毒舌キャラを発揮していって欲しいですね。


スポンサードリンク



関連記事

  1. ファッションモデルから女優へ!出演ドラマも多数の新川優愛に注目!…

  2. 『ラストシンデレラ』三浦春馬の出演ドラマ・映画は?彼女はいるの?…

  3. 土屋太鳳と山崎賢人のキスシーンの画像や共演映画!仲良しすぎ?

  4. THEカラオケ★バトルで話題!ものまねも上手い歌手、城南海って?…

  5. 広瀬すずの高校はどこ?身長サバ読み疑惑!彼氏や性格良いのかも

  6. 平松まゆきの現在は弁護士?アイドル時代の画像!結婚や高校も

  • ハンターハンター記事まとめ

ページ上部へ戻る